薬剤師が派遣社員で働く場合のメリットについて理解しましょう

薬剤師派遣 > 薬剤師が派遣社員として働くメリットって何?

薬剤師が派遣社員として働くメリットって何?

派遣社員として働く場合の最大のメリットと言えば、自分のライフスタイルに合わせて働けるというところではないでしょうか。 プライベートを重視したりと自分の都合の良い働き方ができるのが派遣社員の良い所です。 これは薬剤師でなくても共通して言えることですね。

また、短期的に働くのか長期的に働くのか自分で選ぶことも出来ますし、子育てとの両立もしやすいのではないでしょうか。 派遣社員は月給制ではなく、パートやアルバイトと同じく時給制で給料がもらえますが、薬剤師の場合は時給が2000円以上もらえる求人もあります。

これって一般的な派遣社員では考えられないくらい時給が高く設定されています。そして他にも派遣社員として働くメリットはあります。それは正社員のように残業をすることがあまり無いということです。基本的には定時に帰ることができるんです。

正社員となると残業をしなくてはいけない場面が多々出てきてしまいますので、どうしても残業だけはしたくないと言う人は正社員より派遣社員で働くほうがおすすめです。 また、最近の薬剤師の派遣では、派遣社員のために充実した福利厚生が用意されていたり、研修制度があったりなど、働く上での環境もとても良くなってきているのです。 むしろ、今はこれが当たり前となってきているようです。

あとは、仕事を辞めるのも派遣社員はとても簡単です。 派遣社員が雇用契約をしているのは派遣会社であり、派遣先企業とは雇用契約はしていません。 もし正社員ですと直接雇用されているため仕事をやめる時は上司に相談したりなど、色々と面倒くさい手続きが必要となってきます。

しかし、派遣社員の場合は、派遣会社に契約更新をしたくないと言えば、あとは派遣会社と派遣先企業がやりとりをするので他になにかする必要はないというわけなのです。 もしきっちりお休みがほしい、プライベートを充実させたいと思っている薬剤師の方がいるのならば、派遣社員として働くという選択肢を選んでみてはどうでしょうか?

薬剤師のクリニックでの仕事

薬剤師が働く職場として代表的なのは病院や調剤薬局、ドラッグストアなどですよね。 実際に、こういった職場からの求人情報がたくさん出ています。

ですが、クリニックによっては薬剤師を募集しているところもあるので、こちらも検討してみてはどうでしょうか。

クリニックの場合、薬剤師は必ずしも必要な存在ではありません。 そのため、薬剤師の転職先としては名前があがりにくいのですが、近年は薬剤師の募集を行っているクリニックも増えてきました。

クリニックでは医師が監修をしていれば薬剤師がいなくても調剤が可能なのですが、パートの事務員が調剤を行うと患者さんはどうしても多少不安に感じてしまいますよね。 このようなイメージを払拭するために薬剤師を置くクリニックが増えてきていると考えられます。

ただ、収入の面ではどうしても病院などより劣ってしまうことが多いため、せっかく薬剤師資格を取得したのにクリニックで働くのはもったいないと感じてしまう方も多いようです。

ドラッグストアと比較してもクリニックの方が給与面では劣ってしまう可能性が高いため、このあたりはクリニックで働くデメリットだといえるでしょう。

だからといってメリットが全くないというわけではないのです。 まず、クリニックの多くは地元密着型になっているため、ある程度患者さんが固定されているということ。 これにより、患者さんの入れ替わりが激しい病院に比べると密なコミュニケーションが取れます。

薬剤師という仕事にとってコミュニケーション能力を磨くことは非常に大切なことです。

これはやりがいにもつながるため、病院での希薄なコミュニケーションに不満を感じている方はクリニックを選択した方が強いやりがいを持って仕事を楽しめるかもしれません。

クリニックの魅力といえば働きやすさに関することです。 基本的に当直もないため、休みもしっかりとることができるでしょう。

仕事と家庭を両立したいという方からもクリニックが選ばれることが多いので、そういった方は検討してみると良いですね。

薬剤師の製薬会社での仕事

転職の条件は厳しいことが多いのですが、製薬会社への転職を検討している方もいますよね。 製薬会社で働くということは新薬開発の現場に立ち会えるということ。 自分が開発した薬がたくさんの人の役に立つということは非常に大きな喜びとやりがいに繋がるはずです。

また、大きな魅力ともいえるのが高収入が期待できるということ。 薬剤師の資格を取得するのは大変なことであるため、せっかく取得した資格を十分に活かして高収入を得たいと考えている方は製薬会社への転職を目指してみると良いでしょう。

薬剤師が活躍している職場で高収入が期待できるところといえば、他にもドラッグストアが挙げられます。 ドラッグストアは最初から給料が高めに設定されているところも多く、平均年収は500~600万円とまで言われているのですが、大手の製薬会社に勤めることができた場合、20代で1,000万円もの年収を得ている方もいるのです。

多くの方は製薬会社での研究職に憧れていますが、これは狭き門であるということを理解しておかなければなりません。 というのも、実際に製薬会社に転職できたとしても、営業職やMRと呼ばれる医薬情報担当者として働くことになる人が多いからです。

一部では研究職につけるのは新卒で非常に優秀な成績を残している人のみとまで言われるくらいの狭き門であるということを理解しておきましょう。 つまり、製薬会社で研究職に就きたいと思っている方は早い段階から対策をとっておかなければならないわけです。

ただ、薬剤に関する知識を活かした営業やMRとして様々な人と関わっていく仕事も非常にやりがいがあるでしょう。

それに、元は研究職として採用されたわけではなくても、その後の働きなどを評価されて研究職に転職したという方もいるので、必ずしも新卒で優秀な成績を残している方しか研究職に就けないわけではないのです。

転職支援サイトなどを活用した活動で見事研究職への転職を成功させた方もいるので、なかなか製薬会社への転職が決まらないという方も技術や知識を磨きながら転職活動を続けてみると良いですね。