薬剤師のキャリアアップにつながる専門薬剤師とは?

薬剤師の次なるステップ、専門薬剤師の仕事

薬剤師は元々専門性の高い職業ですが、その専門性を更に高めた専門薬剤師という資格があります。 がんや感染症、精神病といった現代でも難病と言われる病気の医薬品を専門的に学んでいる薬剤師の事を言います。 現在は主に5種類の専門分野があります。

薬剤師として一通りの知識経験を身に付けても、難病に付いての医療技術や医薬品は日々進歩しており、薬剤師のトータルの知識だけでは追いつかないというのが現状です。 また、医師の負担も大きくなっており、その負担を軽くする事、また、医療活動に従事する者としてより活動の幅を広げる事を目的に専門薬剤師という制度が生まれました。

現在は医療も高度化し、医薬品の事を全般的に薬剤師に任せるようになってきています。欧米では以前からそのような形を取っており、薬剤師が医師に提案をする事もあります。日本ではまだそのレベルまでは行っていませんが、徐々に医師が処方した医薬品を薬剤師が調剤するという従来のスタイルから、薬剤師自身が自分の判断で行動をするというスタイルに変わりつつあります。

専門薬剤師が扱う分野は医療の中でも最先端の分野。 もはや医師と同レベルでの会話ができるくらいの知識レベルが必要になります。 もちろん資格を取得するためには更に勉強が必要となりますが、薬剤師として一通り知識や経験を身につけて、次のステップを考えたいという方には専門薬剤師はお勧めです。

薬剤師は職場によっては仕事の内容が比較的変化が少なくなりやすい職種です。 自分のモチベーションを再度上げるという意味でもお勧めできます。

専門薬剤師の資格を持っているともちろん転職の際には有利になりますし、専門薬剤師の資格を持っているという事で資格の手当が出たりします。 そのため、待遇面でもアップが期待できます。

現状、専門薬剤師の資格を持っている方はとても少ないので、今のうちから準備をして、資格取得をするととても有利にキャリアを積んでいく事ができます。

↑ PAGE TOP