薬剤師の資格を生かしながら、有意義な働き方ができる転職先を探すには?

薬剤師29際男性のIさん、激務から余裕のある職場への転職体験

Iさんは沖縄で中規模の調剤薬局に勤めている29歳の男性。 営業時間が比較的長く、それに合わせてMさんの勤務時間も毎日長くなっていました。

まだまだ新薬の勉強も多くて仕事後も大変。 お給料も職場の同僚の先輩の話を聞いていると、どうも思うように伸びていかない様子。 ベースは一般職と比べれば高めとは言われつつも、もう少し何とかならないかと思っていました。

友達の中でも同じような境遇の方がいて、友達は転職に成功して時間的にも余裕ができ、年収も上がったとの事。 Iさんはその時は驚きましたが、そのまま仕事に打ち込んでいました。 けれど、段々と仕事への想いが揺らいでくる中でもう一度思い出し、転職サイトを見てみる事にしました。

検索していた転職サイトの中で、求人数も多く、プロのアドバイザーが無料で相談に乗ってくれるというサイトが気になったので1カ月近く、ブックマークに登録しておいてじっくり考えてからの登録。 登録してからは事はとんとん拍子に進みました。

アドバイザーからは面談のお知らせがあり、次の休みの日に面談をする事に。 Iさんは希望を伝えて今の職場よりも忙しくなりたくない、落ち着いて知識を深めていきたいという希望を出しました。

アドバイザーの方はIさんの希望を考慮して求人を提案してくれました。 非公開の求人もIさんにならぴったり合うかもという事で出して頂き、Iさんは特に興味を持ちました。

転職経験のなかったIさんは職務経歴書の書き方もあまり分からなかったため、アドバイザーの方に見て頂き、修正を加えて、提出する事になりました。 結果的には非公開求人の大手調剤薬局で面接を受け、採用が決まり、Iさんも嬉しそうでした。

土日が休みで余裕を持って働く事ができ、残業もありません。 研修も大手ならではでしっかり整っており、安心して知識を深めていけそうとの事です。 友達と同じように年収もアップする事ができ、満足のいく結果の転職活動となりました。

↑ PAGE TOP